子供が眠れない原因をチェック!

朝子供がなかなか起きられない、朝子供を起こすのに苦労するなど、そういった悩みを持っている親御さんは意外と多いといわれています。

お子さんが朝なかなか起きられないということで、自然と学校へ足が遠のいてしまうこともあるようです。

こうなるとお子さんはもちろんのこと、親御さんもとても辛い状況になってしまいますね。

子供が朝起きられないという原因の一つに、夜なかなか眠れないということが挙げられます。

夜更かしをしてしまうと、どうしても次の日起きるのが辛くなってしまいます。

夜眠れないという原因には実は様々な要因があって、大きく分けると「環境面」「身体面」「精神面」「習慣面」と4つに分けられるといわれています。

これらの原因を知ることで、夜ぐっすりと眠れるようになるかもしれません。

そのためどういった原因があるのかきちんと把握することがとても大切なのではないでしょうか。

まずは環境面について説明していきたいと思います。

環境

「室内の温度や湿度が合っていない」

夏とても暑いにも関わらず、クーラーを付けずに寝ようとするととても寝苦しくて眠れない、そんな経験誰でもあるのではないでしょうか。

やはり夜ぐっすりと眠るためには快適な環境というのは不可欠です。

適度な室温だとそれだけ快眠しやすくなるので、寝るための環境を整えるということはとても大切なことです。

冬寒い日も適度な室温を保つことはとても大切です。

また、冬は空気が乾燥してしまうことも多いので、湿度を適度に保つこともとても重要です。

加湿器を使ったり、洗濯物を干したりして適度に湿度を保つようにしましょう。

「枕が合っていない」

ぐっすりと眠るためには枕も大きく関わってきます。

お子さんにはどのような枕が合っているのかきちんと把握して、適切なものを選んであげると良いのでしょう。

また、枕が合っていないと肩こりなどの原因になることもあるので、そういった意味でもきちんと選んであげたいものです。

身体

「体を動かしていない」

良質な睡眠を取るためにはやはり適度に運動することも大切です。

適度な疲労感があることで、入眠しやすくなるかもしれません。

あまりにも激しすぎる運動をする必要はないので、ランニングやウォーキング、ストレッチなど取り入れやすいものをチョイスして体を動かすようにしてみると良いのではないでしょうか。

夜遅くに運動をするとかえって入眠しにくくなることもあるようなので、遅い時間に運動をするのは避けたほうが良さそうです。

適度に体を動かして、体に良い疲労感を与えてあげましょう。

「疾患や病気が原因になっていることも」

身体の外傷や病気などが原因となって、眠りにくくなっている場合もあります。

ぜんそく発作や咳、蕁麻疹など様々な疾患や病気が原因となって入眠しづらくなっている場合もあります。

ですから、それらを改善することもとても大切です。

そういった症状が改善されることによって、入眠しやすくなるかもしれません。

精神

「ストレスや不安なことがある」

ストレスや何か不安なことがあることによって、眠りにくくなっているのかもしれません。

学校でのお友達関係や勉強のこと、テストのこと、学校行事のこと、部活のことなど、挙げてみると色々なことがあります。

とかくストレスを抱えやすい現代社会ですから、大人だけでなく子供も多くのストレスを抱えて日々過ごしています。

特に思春期ともなると、様々なストレスや悩みをを抱えやすくなってしまうことがとても多いです。

ですから家庭でのサポートやフォローがとても大切になってきます。

また、ストレスを完全に排除することはなかなか難しいのですが、出来るだけストレスを感じないように過ごすこともとても大切です。

自分の好きなことをしてストレス発散をするのも良いでしょう。

身体を動かしてストレス発散するのも良いですし、好きな音楽を聴いてリラックスするのも良いでしょう。

自分なりのストレス解消法を見つけるのも良いのではないかと思います。

習慣

「夜遅くまでスマホやパソコンを使用している」

夜眠れない原因として、寝る寸前までスマホやパソコン、タブレットなどを使用しているということが挙げられます。

ベッドや布団の中でもスマホやタブレットを使っていると、液晶のブルーライトの影響で眠れなくなってしまうということがあるそうです。

スマホやタブレットは持ち運びに便利なので、ついつい布団の中で使いがちですが、やはりこの影響はとても大きいです。

ブルーライトを浴びるとメラトニンというホルモンの分泌が抑制されてしまうそうです。

このメラトニンは睡眠ホルモンの一種で、これが抑制されてしまうことでどうしても眠りにくくなってしまうのです。

メラトニンの分泌が抑制されて体内時計が乱れてしまうことで、どうしても夜眠りづらくなってしまうので、寝る寸前までスマホやタブレット、パソコンなどを使用することはおすすめできません。

少なくとも寝る1時間前までにはこれらの使用をやめて、寝る体勢を整えるということが大切になってくるのではないでしょうか。

眠りのメカニズムについて

睡眠には浅い眠りである「レム睡眠」と深い眠りである「ノンレム睡眠」とに分けられます。

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

眠りというのは、このレム睡眠とノンレム睡眠を一定のリズムで繰り返しており、まず最初眠りについたときはノンレム睡眠に入ります。

その後レム睡眠に移行していきます。

このノンレム睡眠、レム睡眠のセットを繰り返していき、だいたいこのセットを一晩に4~5回ほどの繰り返していきます。

この時のサイクルは約90分ほどだといわれています。

よく眠れている状態というのはノンレム睡眠との関係が深く関わっていて、ノンレム睡眠というのは4段階に分けられています。

このノンレム睡眠は段階を追うごとに深くなっていき、3~4段階目のノンレム睡眠が熟睡している状態だといわれています。

ぐっすりと寝るためにはこの3~4段階目のノンレム睡眠がとれているかがとても重要になってきます。

質の良い睡眠に必要な栄養素や成分は?

「トリプトファン」

睡眠を誘発するホルモン、睡眠ホルモンである「メラトニン」は「セロトニン」と呼ばれるホルモンの分泌が必要です。

この「セロトニン」を生成するのに「トリプトファン」が材料となるので、トリプトファンの摂取がとても大切になってきます。

良質な睡眠を摂取するためにはこのトリプトファンを意識的に摂取するように心掛けましょう。

トリプトファンは豚肉や牛肉などの肉類、かつおやまぐろの赤みなどの魚類、牛乳やヨーグルトなどの乳製品などにも含まれています。

また、バナナやキウイフルーツ、バナナなどの果実類にも含まれています。

「ビタミンB6」

ビタミンB6も良質な睡眠をとるために必要な栄養素です。

なぜならセロトニンの生成にはトリプトファンとビタミンB6が必要不可欠だからです。

ビタミンB6はカツオやサンマなどの青魚やバナナ、大豆製品などに多く含まれています。

ビタミンB6もトリプトファンと共に意識的に摂取するようにしましょう。

「鉄分」

セロトニンを合成するためにはトリプトファンとビタミンB6、そして鉄分も必要な栄養素となっています。

鉄分はレバーや小松菜、ひじきやもずくなどに含まれています。

更新日:

Copyright© 子供向き睡眠サプリまとめ|小学生中学生高校生が安心して飲めるサプリメント , 2017 All Rights Reserved.